YJSではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 
 


パソコンの異常・・・機能停止の種類

症状 何が起きているのか 現象
突然画面が消え、パソコンの電源を入れ直したようになる 周辺機器やメモリーボードの故障・接触不良や、重大なプログラムミスなどかなり大きな問題が起きている。周辺機器の増設やソフトを組み込んでから発生するようになったのであれば元に戻す。購入した状態に戻しても症状が収まらない場合は修理に出す。 システムのクラッシュ
マウスやキーボードの入力を全く受け付けなくなる。マウスを動かすたび「ジージー」と音がする。 「Ctrl」「alt」「delete」のキーを順に押し続けて、「プログラムの強制終了」というウィンドウが画面に現れない場合は、Windowsが機能を停止もしくは同じ処理の繰り返しをしている。電源スイッチを4秒以上押して、電源をいったん切ったのち、改めて電源を入れる。 システムのクラッシュ又はハングアップ
画面全体が真っ青になりメッセージが表示される Windowsが機能を停止。いずれかのキーを押して元のWindows画面に戻る場合は、直ちにそれまで使っていたワープロ等をデータ保存して終了し、Windowsも終了して電源を入れ直す。 システムのハング
アップ
ワープロ等の書類作成画面が突然消えてしまい、「不正な処理をした」や「一般保護違反」などと表示される ワープロ等のソフトが機能を停止。同時に使っていたソフトがある場合は同時利用を避ける。同時に開くウィンドウの数を減らしたり、極端に大きな書類を扱わないようにするなどの対策が考えられる。 アプリケーションの
クラッシュ
ワープロ等の書類作成中にマウスやキーボードの入力を受け付けなくなる ワープロ等のソフトが同じ処理や計算を繰り返し続けて、マウスやキーボードの操作に反応しなくなっている。「Ctrl」「alt」「delete」のキーを順に押し続けて、「プログラムの強制終了」というウィンドウを表示させて、停止したソフトを終了する。 アプリケーションの
ハングアップ


パソコンソフトはなぜミスがあっても売られているの?
携帯電話で、プログラムのミスによるトラブルが生じた場合は回収修理になります。実際にNTTドコモの最新型携帯電話がこれで回収になりました。また、機器に組み込まれたプログラムのミスで損害が生じた場合、利用者は製造物責任法(PL法)に基づいてメーカーに損害賠償を請求できます。
これに対して、パソコンソフトはプログラムにミスがあっても、修正プログラムをインターネットやフロッピーなどで配布するという対策が一般的。すぐにプログラムミスを修正できる反面、納得しにくい面もあります。しかし、ソフトの使用許諾契約には、プログラムの使用に伴う一切の損害に責任を負わない場合がほとんどです。PL法が対象とするのは製造物、動産で、パソコンソフトは適用外という見方が一般的。ソフトは「もの」ではないということ。ですからパソコンのプログラムミスで損害が発生しても、PL法に基づいて損害賠償を請求することは難しいわけです。せめて修正版のダウンロードの通信費くらい持ってくれと言いたくなります。