YJSではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 
 


ブロードバンド(常時接続)

 みなさんの事務所やご自宅は常時接続ですか? 経済的ですよ〜。なんてったって月々の電話代が安くなります。平均13,000円払っていた電話代が、5,000円。これまでのダイヤルアップ接続では、インターネット接続のために8,000円もの大金を家計から捻出していたということです。
 ダイヤルアップ接続でジリジリと表示されていた写真が、ブロードバンド接続ならスッと表示されます。ビデオ映像も問題なし! 会社では見られない芸能人の記者会見なんかも、帰宅後にチェック。こんな快適なインターネットライフを、みなさんも味わってみませんか?

●快適ネット接続環境を手に入れる方法
 ADSL 接続サービスを申し込むには、2つの方法があります。
@ NTTの「フレッツ・ADSL」サービス。
ADSL 回線の契約で、NTTとは別に、対応プロバイダと契約を行う必要があります。
A プロバイダにADSL接続サービスを申し
込めば、同時にADSLの契約も行える。
サービス提供エリアの確認は、各社のHPなどで、使用している電話番号を入力してチェック。

●回線速度の選択は?
 ADSL接続サービスは、1.5Mと8Mの2つのタイプがあります。ADSL接続の場合、この接続速度は絶対的なものではありません。各社のサービスの案内に「ベストエフォート」という単語が登場しますが、これは回線速度を保証しない、という意味です。
 ADSL通信規格の特徴で、電話局からサービスを利用する場所までの距離が、8Mタイプの場合、1Km以内なら8Mbpsに近い速度が出る可能性が高く、1〜2Kmだと十分な速度が出ない場合があり、1.5Mタイプのサービスとあまり変わらない速度しかでない可能性があるといわれています。ここで具体的な数値が書けないのは他の要因によるデータの劣化などもあり、サービス提供を受けてからでないとわからないのです。

●必要な機材をそろえよう!
契約を終えて局内工事が完了し、サービス提供会社からモデムやスプリッタが届いたら、サービス開始となります。しかし、PC環境によっては、あらかじめ用意する必要のある機材があります。
 まずは、PCにネットワークカードが搭載されているかです。ADSLモデムとの接続インタフェースは、ADSL接続の場合は10BASE-Tイーサネットで、これに対応したネットワークカードが必要になります。
 また、複数台のパソコンからインターネットに接続したい場合には、ブローバンドルータや、ルータとPCを結ぶイーサネットケーブルを用意します。ノートPCの場合には、無線LANカードと無線LAN対応のルータもお薦め。

●インターネットに接続したあとは・・・
 1台のPCなら、スプリッタ→モデム→PCと接続して、必要な設定を終えれば、インターネットに接続できます。24時間365日、インターネットを楽しむ環境が整いました。
 ただし、ここで安心してはいけません。近頃はやりのウィルスやクラッカーの脅威から身を守るために、専用のソフトやルータの設定で、セキュリティ対策を行うのが賢明でしょう。         (出典:電脳通信)

パソコンのまわりのすっきり収納テクニック

●パソコン専用のスペースがあるなら専用のコーナーを設けて、デスクトップ型のパソコンを設置するなら、狭い場所に周辺機器なども置ける専用デスクがおすすめ。
今ある机をそのまま使いたい場合は、ラックを机の上に置いて、立体的にスペースを活用する。
●リビングに置くなら特定のスペースを設けず、家族みんなで共有する場合は、持ち運びのラクなノート型パソコンがおすすめ。インターネット用などのケーブルをつなぐ必要があるので、電話回線の差込口の近くなど、使う場所はある程度決めた方が便利。
 ・CD-Rやフロッピーなどは、専用ケースに保管。どこに何のデータを保管したか忘れないように、すぐにラベルを貼る習慣を。
 ・机の下もぜひ使いたいものです。キャスター付きの収納ワゴンに、マニュアルや解説書などを並べてみましょう。
 ・パソコンは、熱やホコリ、湿気が苦手!
しまうときは、布製のカバーなどをかけましょう。

 ・邪魔なケーブルやコードは、棚の側面や壁にフックをとりつけて束ねてかけるようにしましょう。
 ・パソコンの裏側はケーブルだらけになりがち。ストラップでケーブルをまとめ、コンセントは過電流を防止するブレーカ付きのものを使う。ケーブルをまとめれば、掃除がラク。
 ・キーボード収納ケースを利用すれば、使わないときモニタの下にキーボードがしまえます。

「パソコン回りの整理で頭もスッキリ。快適&知的空間にバージョンアップ!!」
           
【出典:すっきり収納冊子】

デジタルカメラの買い方…画素数別使い方早見表
《上級者タイプ》…400万画素(10万円以上)
プロのカメラマンも利用する、本格派デジカメ。600万画素A4程度までならスチールカメラ同様の品質で印刷可能。
《汎用タイプ》…100〜400万画素(3〜10万円)
ホームページやカード作成にも使えるタイプ。初心者でも扱いやすく、種類も多い。300万画素L版プリントの大きさへの出力にも充分耐えられる。
《おもちゃタイプ》…〜100万画素(数千〜3万円)
ちょっとしたスナップショットや、ホームページ画像、メールでのやりとりに最適。綺麗にプリントアウトする必要がなければ充分。

◎種類が豊富すぎて何を基準に選んだら良いのか悩むところ。目安になるのは、写真のキメの細かさを示す<画素数>だ。その数値の大きさで価格の差も出てくるので、自分の使い方にあったものを選んで購入したい。
 データを保存する方法には幾つか種類があるので、自分のパソコンやプリンタで使えるものを選ぶこと。重要なポイントなので、購入の際、店員さんに相談することをオススメ。           【出典:てんとう虫】