YJSではインターネット接続のお手伝いをしています。インターネットが使えるように設定したい、メールの使い方が知りたい等のご要望を承ります。
 

ホームページを作りたい、ホームページはあるが、管理が面倒という方はご相談下さい。
 

レンタルサーバについての詳しい内容は下記のボタンから。
 
 

・パソコンを接続できない
・インターネットが繋がらない
・印刷ができなくなった
・知らないうちに動かなくなった
・ソフトのインストールが自信無い
・ソフトの使い方が分からない
 
 


パソコンの買い方ガイド(1)

パソコンを買い換えようと思っているなら、自分がどの位パソコンに詳しいか考えてみよう。今売っている機種の情報にどの程度詳しいか、持っているかどうか。
別に詳しくなくても悲観することはない。多くのユーザーがパソコンを買ったままの状態で使っているのが普通だし、常時ニューモデルに関心を持っているなんてオタクだ。
実は自分がパソコンに詳しいと思っても、こと、買い換えに関してはビギナーと変わらないのである。ただし、パソコンで何をしたいかが明確な分、また、専門用語が分かるだけに多少は楽だ。
買い換えの場合には、まず、前回に購入した記憶はきれいに忘れたほうがいい。数年前とは事情が大きく異なる。今店頭に並んでいる最も安いパソコンを購入しても、1年前の中堅モデルより、はるかに快適に利用できる。全てのスペック(性能を示す数値)が驚くほど向上している。
買い換えに注意するべきは、今使っているソフトや周辺機器をどうするかだ。周辺機器は、併せて買い換えるのが好ましいが、予算次第では不可能なこともあろう。特に、プリンタ、モニタといった大物は何となく買い換えづらい。2〜3年前には17インチのモニタが10万円程度するのは当たり前だったし、15インチでも4〜5万した。A3用紙対応のビジネス用レーザープリンタは15万円でも安いほうだった。だが、今や17インチモニタが3万円以下、A3レーザーが6万円台で買えることさえある。性能も上がっている。
これをふまえた上で、まだ買い換えをためらうなら、今使っている周辺機器が新しく買う機種で使えることを必ず確認する。基本的には古い周辺機器にも対応するケースが多いが、コネクタ自体がなくなっている可能性も多く、サイズが変わっていることもある。特に省スペース型のパソコンやノートでは、各種コネクタを簡略化しているモデルが多い。
周辺機器よりも深刻なのがソフトだ。最近はパソコンのソフトがどんどん減っている。パソコン業界にいる人間は危機感をつのらせている。ビジネス系のソフトウェアは、もはやマイクロソフトに寡占されつつあると言っても過言ではない。あの一太郎でさえ、旗色はかなり悪く、扱わない店も増えてきた。
数年前に購入して業務に役立っているソフトがあるなら、まず、メーカがまだ存在し、新しい製品が出ているかどうかを確認しておくこと。あまりにも古いものだと、最新機種で動かないケースがある。メーカ自体が倒産、吸収・合併などでなくなっていると事態は深刻だ。今のまま使っているほうが幸せなことも、まれにある。仕事で使うパソコンは、買い換え前に厳重な確認が必要だ。
[出典:戸田 寛]

プリンターの正しい管理方法
インクジェットプリンターを2,3ヵ月使わないで久しぶりに使うと、かすれたり、横縞が出る場合があります。これはインク噴出ノズルが詰まったり、ヘッドが乾燥したり、ほこりが積もったりするためです。やっかいなのはノズルの目詰まりです。印刷ヘッドに電圧をかけて振動させインクを押し出すタイプは、目詰まりしやすい。普段から定期的にプリンターを使っていれば、目詰まりしにくく快適に使えます。印刷しない場合でも、月に1度はプリンターに電源を入れるように。これは、プリンターに電源を入れると、クリーニング作業を自動的に行うためです。
プリンターを久しぶり使う時は、まずテスト印刷を行ってインクが正しく出るかを確認します。
しばらくプリンターを使わない場合でも、インクカートリッジは新しく交換するまで付けたままにしておきます。プリンターの印刷ヘッドは、乾燥を防ぐため、きちんと蓋がされています。カートリッジを取ってしまうと、かえって印刷ヘッドが乾燥したり、ほこりが積もってしまいます。カートリッジを品質を落とさず使えるのは、開封後6ヶ月程度。